高品質で低価格のフロアーコーティング。M&Mのクロスコーティング・空気触媒コーティング

フロアコーティング
  • ハウスコーティング お見積り・お問合せ
  • エクステリア・他 お見積り・お問合せ
全国お客様カスタマーセンター 0120-66-2929

  • トップページ
  • 会社概要
  • お申込みまでの流れ

ハウスコーティング

  • フロアコーティング 安心の20年保証
  • フロアコーティング 性能比較・安全性・施工実績
  • エアークリーンコーティング
  • 防カビコーティング フッ素コーティング
  • クロスコーティング 空気触媒コーティング
  • 白木コーティング 畳下備長炭シート
  • 窓ガラスフィルム INAXエコカラット
  • ベランダタイル レンジフードフィルター
  • ご入居中のフロアコーティング

エクステリア/インテリア

  • カーポート インプラス/シャッター
  • ベランダテラス バルコニー/その他
  • カーテン/ブラインド 照明/エアコン/他

その他サービス

  • 玄関鏡・オーダーミラー
  • ハウスクリーニング その他サービス
  • 玄関網戸ルーバー
  • M&Mが選ばれる理由
ホームセキュリティに関するお問い合せは ALSOK
施工・営業・施工代理店・販売協力店 募集
未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25

クロスコーティング&空気触媒コーティングが選ばれる理由

白いキレイな壁紙をいつまでも
白いキレイな壁紙をいつまでも 帯電防止効果により壁クロスにほこりや汚れが付着しにくく、テレビ・冷蔵庫など、電化製品裏の壁の黒ずみを抑制します。
付いた汚れも水拭きOK
付いた汚れも水拭きOK 落ちにくい汚れなどは水拭きのお手入れができ、簡単お手入れで長期間壁クロス自体の白さや清潔さを保ちます。

消臭・抗菌・防汚・防カビ効果
自然の恵み 天然ミネラル 空気触媒は、シックハウスの原因の一部である有害物質を分解し、消臭・抗菌・防汚・防カビに優れた効果を発揮します。
空気から健康・快適生活
空気から健康・快適生活 お部屋の色調、仕上がり、手触り、風合い等を一切変えることなく住空間の臭いのもとを分解しますので住まいや人体にやさしく快適空間を実現可能です。

壁紙コーティング性能実験

クロスコーティング(防汚性) 空気触媒コーティング(消臭・有害物質分解性)

コーティング5年後比較

クロス(壁紙)表面に特殊フッ素系超微粒子ポリマーでミクロの被膜を形成し、壁クロスを手垢や油煙・煙草のヤニなどの汚れから長期間予防・緩和します。頑固な汚れには水拭きでお掃除も可能です。 また、壁自体の通気性を阻害することなく壁クロスの色艶を長期間保護し、手触りもサラサラになります。

空気触媒コーティング(消臭・有害物質分解性)

空気触媒は無色透明無臭ですので、お部屋の色調、仕上がり、手触りを一切変えることなく、壁や天井に直接噴霧施工することができます。 壁剤には吸着性の性質があるものがあります。有害物質が変化せずにそのままの状態で吸着され、その吸着された問題となる物質が再び室内に舞い戻ることがあります。 空気触媒はこれらのものとは違い、ニオイの元を分解することでこのような問題を解消します。

クロスコーティングとは

汚れが付きにくく、お手入れ簡単
防カビ

帯電防止効果により壁クロスにほこりや汚れが付着しにくく、テレビ・冷蔵庫など、電化製品裏の壁の黒ずみを抑制します。また超微粒子フッ素系シリコン樹脂により、ミクロの被膜を壁クロス表面上に形成し、手垢や油煙などの汚れも付きにくくします。 落ちにくい汚れなどは水拭きのお手入れができ、長期間壁クロス自体の白さや清潔さを保ちます。

空気触媒コーティングとは

住空間の空気を快適クリーン
空気触媒コーティング

空気中に含まれる水と酸素を利用して、シックハウスの原因の一部である有害物質を分解し、消臭・抗菌・防汚・防カビに優れた効果を発揮します。空気中に含まれる水分子(H2O)や酸素(O2)と反応し、水分子から「ヒドロキシルラジカル(・OH)」を、酸素から「スーパーオキシドイオン(O2−)」を生み出します。 この生み出された成分(ラジカル)の酸化力が細菌やカビに対して有効であり、細菌を死滅させ、カビの生育を抑制します。消臭・防汚・防カビ・抗菌・マイナスイオン・有害物質分解効果を長期間発揮いたします。


重要箇所

新築マンション、新築戸建て、リフォーム後

重要箇所

新築住宅、ペット共同生活、公共施設


クロスコーティング施工風景 空気触媒コーティング施工風景
クロスコーティング施工風景

▲天井クロス部分までしっかりコーティング

空気触媒コーティング施工風景

▲壁全面にしっかりコーティング

空気触媒コーティング施工風景

▲収納内部までしっかりコーティング


クロスコーティングの仕組み

壁のクロスコーティングは、クロス(壁紙)表面に特殊フッ素系超微粒子ポリマーでミクロの被膜を形成し、壁クロスを手垢や油煙・煙草のヤニなどの汚れから長期間予防・緩和します。頑固な汚れには水拭きでお掃除も簡単に。
また、壁自体の通気性を阻害することなく壁クロスの色艶を長期間保護し、手触りもサラサラになります。
クロスコーティングの仕組み

空気触媒と光触媒の違い

壁剤には吸着性の性質があるものがあります。有害物質が変化せずにそのままの状態で吸着され、その吸着された問題となる物質が再び室内に舞い戻ることがあります。
空気触媒はこれらのものとは違い、ニオイの元を分解することでこのような問題を解消します。
空気触媒と光触媒の違い


クロスコーティング施工後のお手入れ方法

クロスコーティングで日常の汚れから壁クロスを保護しているため、普段のお手入れはこまめに、はたき等で壁クロス表面の埃や汚れを取り除いてください。ひどい汚れには、水拭きか中性洗剤(10倍くらいに薄めたもの)で拭き取ってください。

※洗剤使用後、そのままだと汚れが付きやすくなるので、よく水拭きしてから乾拭きしてください。

空気触媒施工後のお手入れ方法

空気触媒成分が減ってしまい効果が無くなるなどということはありません。もちろん成分にもそれなりの寿命はあると言えますが、その寿命はセルフィールを定着された基材の寿命に比べ、遥かに長期間です。基材の傷みや汚れがない場合の空気触媒の寿命とは、基材そのものの寿命と同じです。有効成分は極微小サイズで基材に固着し易く、またアルミニウム成分が、噴霧面上に強固で安定な酸化アルミニウムの多孔性の極薄膜を形成することにより、触媒効果成分を定着させ保護する役割を担いますので基本的にメンテナンスは必要ありません。



 
 
Copyright 2011 M&M. All Rights Reserved.