任せて安心! 快適ライフのお手伝い!

次世代のハイブリッドフロアコーティング

セラミックガラスフロアコーティング

30年保証

〇(一社)日本塗料工業会
F☆☆☆☆【登録番号:M16003】
〇(一社)抗菌製品技術協議会
SIAA登録番号:【JP0122367A0001X】
SIAA登録番号:【JP0112367A0001W】

M&M任せて安心の9つの自信はこちら

コーティング剤の安全性・性能評価など第三者機関にて登録・評価試験実証済の確かなフロアコーティング専門店です。

窓ガラスフィルムとは

近年は、住宅玄関鍵の性能向上に伴い住宅などへの空き巣等の侵入犯罪の方法が変化しており、近年は侵入手段の約70%以上がガラスを破っての侵入となっているデータもございます。窓ガラスフィルムは、住居室内側から窓ガラス全面に機能性窓ガラスフィルムを貼ることで、窓ガラスが破りにくく、震災時の窓ガラス片の飛び散りによる二次災害(飛散防止)の予防となります。また、紫外線を99%以上カット致しますので、家財道具やクロス・フローリング材の日焼け防止となります。
※防犯フィルムは、防犯性能試験に合格したCPマーク所得の商品です。
CPマーク

窓ガラスフィルム施工風景動画

各種窓ガラスフィルムの性能比較

フィルムの性能性 フィルム厚 日射(%) 可視光線(%) 遮蔽係数 紫外線 総太陽エネルギー
(μm) 透過率 吸収率 反射率 透過率 吸収率 反射率 遮断率(%) カット率(%)
飛散防止・UVカット 68 85.7 3.8 10.5 89 5 6 0.98 99 12
遮熱・飛散防止・UVカット 66 72.2 18.5 9.3 80 11.1 8.9 0.8 99 30
防犯・飛散防止・UVカット 365 82.4 8.1 9.5 88 5 7 0.97 98 20

※本資料の数値は、フィルムメーカーにての試験結果であり保証値ではありません。

窓ガラスフィルムの施工面積の計り方
窓ガラスフィルムの施工面積の計り方

① 施工をご希望される窓ガラスの横の長さを計ります。
② 施工をご希望される窓ガラスの縦の長さを計ります。

【窓ガラスフィルムの面積(㎡)の計算方法】

(横の長さ/cm)×(縦の長さ/cm)=施工面積

住宅対象侵入窃盗の侵入口
住宅対象侵入窃盗の侵入口
紫外線カット実験
紫外線カット実験

窓ガラスフィルムのお手入れ方法・ご注意事項

  • 施工から約2週間はフィルムを清掃・剥がす等は控えて下さい。 窓の開閉は大丈夫です。
  • 水を使ってガラスにフィルムを貼りますので白く曇ったり水泡ができますが、
    施工から約1ヶ月程度で水分が蒸発して消えます。(乾燥の目安は、約3週間(夏期)~約2ヶ月(冬期)です。)
  • 施工直後は接着力がまだ低いので、フィルム端部には触らないようにして下さい。
  • 気温が低い場合や結露等湿度が高い場合には、積極的に空調を使用して下さい。
    【清掃をする場合は以下のことに注意して下さい。】
  • 貼付後フィルムがおおよそ乾燥した後(約1週間~約1ヶ月)以降にして下さい。
  • ゴムスキージや柔らかい布で強く擦らないよう水洗いして下さい。(乾拭き厳禁)
  • 汚れがひどい場合は、中性洗剤を使用して下さい。
  • ブラシや研磨剤等はフィルム表面を傷つけますので使用しないで下さい。
  • 貼り付けてあるフィルムは剥がさないで下さい。一度剥がすと接着しなくなります。
  • フィルム表面に粘着テープ等を貼付しないで下さい。フィルム剥離の原因になります。
  • 鋭利な物(ボールペン、ハサミ等)や硬い物(靴、鞄等)でこすらないで下さい。
  • マジック等で字を書かないで下さい。

バルコニータイルとは

美観や使用目的に合わせて、豊富なバリエーションの中より、お好みに合わせてお選び頂けます。バルコニーは、ガーデニングやお子様のプール遊び、カフェテラス気分での読書など家の中にはない特別な楽しみ方ができる場所でもあります。
また、夏場は特にベランダへ太陽の照り返しで温度が上昇し植物の夏枯れの原因やバルコニーの劣化促進となります。バルコニータイルは打ち水をすることで日差しによるバルコニー床面温度の上昇を抑え、約2時間打ち水効果を持続、2時間後も低温な状態を維持できる「保水機能」があり夏場の日差しの照り返しによる植物の夏枯れの抑制対策となりガーデニングにも最適です。

バルコニータイル施工風景動画

バルコニータイル施工例

排水管周り仕上げ,排水管周り仕上げ,避難はしご周り仕上げ

バルコニータイルメーカーはこちら

窓ガラスフィルム・バルコニータイル施工後のお手入れ方法・ご注意事項

窓ガラスフィルムのお手入れ方法・ご注意事項
  • ご施工から約2週間はフィルムを清掃・剥がす等は控えてください。窓の開閉は大丈夫です。
  • 水を使ってガラスにフィルムを貼りますので白く曇ったり水泡ができますが、施工から約1ヶ月程度で水分が蒸発して消えます。(乾燥の目安は、約3週間(夏期)~約2ヶ月(冬期)です。)
  • 施工直後は接着力がまだ低いので、フィルム端部には触らないようにしてください。
  • 気温が低い場合や結露等湿度が高い場合には、積極的に空調を使用して下さい。
    【清掃をする場合は以下のことに注意して下さい。】
  • 貼付後フィルムがおおよそ乾燥した後(約1週間~約1ヶ月)以降にして下さい。
  • ゴムスキージや柔らかい布で強く擦らないよう水洗いしてください。(乾拭き厳禁)
  • 汚れがひどい場合は、中性洗剤を使用して下さい。
  • ブラシや研磨剤等はフィルム表面を傷つけますので使用しないでください。
  • 貼り付けてあるフィルムは剥がさないで下さい。一度剥がすと接着しなくなります。
  • フィルム表面に粘着テープ等を貼付しないで下さい。フィルム剥離の原因になります。
  • 鋭利な物(ボールペン、ハサミ等)や硬い物(靴、鞄等)でこすらないで下さい。
  • マジック等で字を書かないで下さい。
バルコニータイルのお手入れ方法・ご注意事項
隙間が小さく、ゴミの詰まりにくい設計になっていますが詰まってしまった場合は掃除機で吸い取ってください。それでも取れない場合はユニットを外して水洗いしてください。汚れが付着した場合は、雑巾などで水拭きするか、スポンジやブラシなどで水洗いしてください。
水洗いで落ちない場合は中性洗剤を使用し、掃除後はしっかりと洗剤を洗い流してください。
酸素系・塩素系洗剤や漂白剤は樹脂成分が変色するおそれがありますので、使用しないでください。
各メーカーのお手入れ方法・ご注意事項

お電話でのお問合せはこちら

03-5946-2411

メールでの無料見積り無料サンプル請求はこちら

ページの先頭へ